文法読本

演劇から学ぶフランス語

Douze pièces de théâtre pour l'expression orale

演劇で学ぶフランス語

アレクサンドラ・オグラ=クレメール
横山安由美 共編

B5判 52+12頁  別冊「注・解説」付
定価1,890円
(本体価格1,800円+税)

フランス語が <使える>とはどういうことなのか. 学生の抱くそうした期待と疑問に応えるために、無味乾燥な例文ではなく、現実にフランス人の心を捉えてきた演劇を採り上げ、具体的な台詞から出発点して、話したり、読んだり、考えたりする実習を目標におく.人間の様々な性質を主題として各課に配し、一面 <人間の学>と称されるフランス文学への導きも視野に入れる.
|目次|

定価1,890円(本体価格1,800円+税)

目次

主題作品文法
(動詞)
文法
(その他)
p.
1CuriositéMaurice Maeterlinck, Pelléas et Mélisande (1892)第1群規則動詞疑問詞5
2ImpatienceHenry de Montherlant, Un Incompris (1943) 否定比較9
3BonheurPaul Claudel, L'Annonce faite à Marie (1911)未来前置詞13
4SacrificeEdmond Rostand, Cyrano de Bergerac (1897)不規則動詞所有形容詞17
5CulpabilitéAlfred de Musset, Lorenzaccio (1834)複合過去関係代名詞121
6DouteVictorien Sardou, La Tosca (1887)半過去中性代名詞25
7VanitéEugène Labiche / Alphonse Jolly, Le Baron de Fourchevif (1859)近接過去・未来使役29
8LibertéProsper Mérimée, Carmen (1845)命令人称代名詞33
9HaineJean Genet, Les Bonnes (1947)代名動詞強調構文37
10AvariceMolière, L'Avare (1668)非人称動詞関係代名詞241
11MensongeJean Giraudoux, La Guerre de Troie n'aura pas lieu (1935)条件法話法45
12RévolteJean Anouilh, Antigone (1944)接続法理由49

[かごの中を見る/ご注文へ] [商品一覧へ]