新刊案内

哲学の勧め

哲学の勧め

池辺 義教

より良く生きるうえで真に「哲学する」道とは
いたずらな説明を排した「哲学へのプロトレプチコス」は半世紀を越える哲学研究のフットノートとして著者自身の精神の歴史でもある

サイズ:四六判軽装本
265頁
定価2,625円
(本体価格2,500円+税125円)

詳しい説明とお買い物はこちら

老残教師のマドリッド奮闘記

老残教師のマドリッド奮闘記

市川慎一

フランス文学を本業としながら、学問と現実界との果敢な〈越境者〉として知られる著者の、本国スペインに乗り込んでの日本文化講義の一部始終.関連講演と論考を併載、日西関係の理解に資する.

サイズ:四六判軽装本
214頁
定価1,680円
(本体価格1,600円+税80円)

詳しい説明とお買い物はこちら

ラカン空間を読む

ラカン空間を読む

枝川昌雄

ラカン理論の要諦は「現実界」の発見にある。
この難解な概念を、「享楽」や〈もの〉との相関のもとに、『海辺のカフカ』や『マトリックス』など文学・映画の分析を援用して、トポロジーを主題に追求する。

サイズ:四六判軽装本
232頁
定価2,499円
(本体価格2,380円+税119円)

詳しい説明とお買い物はこちら

青山社のトップへ

スタンダールと妹ポーリーヌ

スタンダールと
妹ポーリーヌ
— 作家への道 —

岩本和子

鐘愛する妹に宛てて書き綴った書簡群を精査、作家形成の道筋を見極めるとともに、従来文豪の影に隠れてきた若き日のミューズを 理想的な〈第二の自我〉と位置づける。

サイズ:四六判上製本
288頁
定価2,992円
(本体価格2,850円+税142円)

詳しい説明とお買い物はこちら

ミュルティコロール

ミュルティコロール

福島祥行/鈴木田研二 共編

現代仏語圏のさまざまな実情に目を向けた本文に、勘所を押さえた文法ノートと実践的なドリルを加えた文法読本.コンセプトとしては: 1.「本文」は読解力の養成に特化し、2.日本語「解説」で理解を深める;3.「文法」は簡略化して適切なノートを添える外、解説にドリル的演習を入れ込む、4.各課の「練習問題」は聞き取りや表現など pratique な実習に撤する.

B5判
58+16頁
「別冊問題集」付
定価2,415円
(本体価格2300円+税115円)

詳しい説明とお買い物はこちら

演劇で学ぶフランス語

演劇で学ぶフランス語

アレクサンドラ・オグラ・クレメ−ル/横山安由美 共編

フランス語が <使える>とはどういうことなのか. 学生の抱くそうした期待と疑問に応えるために、無味乾燥な例文ではなく、現実にフランス人の心を捉えてきた演劇を採り上げ、具体的な台詞から出発点して、話したり、読んだり、考えたりする実習を目標におく.人間の様々な性質を主題として各課に配し、一面 <人間の学>と称されるフランス文学への導きも視野に入れる.

B5判
52+12頁
定価1,890円
(本体価格1,800円+税90円)

詳しい説明とお買い物はこちら

青山社のトップへ